格安で利用できる夜行バスの魅力はサービス内容にもあり!

長距離バスに乗る際には

しっかりと睡眠を

乗り物

夜行バスは公共交通機関の中でも費用も安く便利だということで多くの人が利用していますが、乗車時間が長くなるために様々な工夫が必要になることもあります。特に夜行バスの中でも東京から福岡に行く際には色々と用意していくことが大切です。日本には数多くの夜行バスが運行していますが、その中でも東京と福岡の間を運行している夜行バスは日本では最長距離でありそれだけ時間もかかってしまいます。飛行機などを利用するよりも費用は安いために多くの人が利用していますが、予めしっかりと対策をしていないと東京から福岡まで移動する間に疲れ切ってしまうこともあるのです。一番重要なのはしっかりと睡眠が取れるように工夫をするということです。夜行バスということもあってその大半は眠っている時間なのでそれほど長時間ということを意識する必要はありません。しかし、それはあくまでもしっかりと睡眠が取れる場合に限ったことであり眠れない場合にはかなり長い時間バスに乗っているということになってしまうのです。最近では東京から福岡までの夜行バスだけではなく、飛行機での長距離移動の際などにもしっかりと眠れるようにと様々な快眠グッズが販売されています。自分のベッド以外では上手く眠れないという人の場合は、必ずそういった快眠グッズを持っていくことが大切です。また、どうしても眠れないという場合には周囲の人間の睡眠を妨げないようにすることも夜行バスを利用する上では大切なマナーです。

旅行を満喫するために

女の人

この夏の旅行先はもうお決まりでしょうか。国内を旅するにあたり、少しでもお得に旅をしたい、または宿泊や食事などで贅沢をしたいので移動費はできるだけ抑えたいという方にとって、夜行バスというのは非常に魅力的な方法だといえます。最近では狭くてしんどいけれど安い移動手段というイメージではなく、快適に寝ている間に目的地に到着し、朝早くから行動できるというメリットの方が強くなってきています。福岡へ旅行へ行く際には、この夜行バスという手段は有力な移動手段の一つとして考えられます。例えば、大阪から福岡までの夜行バスでは、安い日にちや曜日などを狙っていくことで、片道5000円以下でも移動が可能なのです。新幹線でいうと15000円ほどになるため、3分の1以下の値段でおさまります。発着時間も午後9時ごろの大阪初のバスが、翌朝7時頃には博多に到着します。そのため、出発は仕事終わりでも大丈夫ですし、初日も朝早くから福岡を満喫できるので一日得した気分になるでしょう。これが東京発の場合であれば、金額が15000円ほどで、発着時間は出発はほぼ同じくらいのものが多いですが、到着はおよそ昼前という形になります。移動時間が15時間近くになり、到着も昼頃であるため、東京からであればLCCなどの方がお得に移動できると言えるかもしれません。このように、到着時間と移動にかかる金額の両面から見て、福岡まで夜行バスでの移動が非常にお得な手段だといえます。

低価格かつ効率的な移動

バス

福岡は様々な交通機関が乗り入れていますので、飛行機や新幹線、夜行バスの激戦区ということができます。東京からだけでなく、地方からも福岡には様々な交通手段で行くことができます。費用面で最も安くいくことができるのは夜行バスです。夜行バスは、目的地で行動することができない夜間に移動して、朝から行動することができるため効率的に時間を活用することができる上、低価格で移動できるため高い人気があります。例えば、東京から福岡に行く場合には夜行バスの場合は1万円を切る価格で行くことができます。最近は飛行機でも格安航空会社いわゆるLCCが参入しており、片道1万円程度で福岡まで行くことができますが、時間帯は需要の少ない昼間に限られています。そのため、LCCで1泊2日で行こうと思うと、初日の夕方について、2日目の昼には出なければなりません。実質的には1日いることができません。夜行バスを活用する場合には、前日の夜に東京を出発して初日の朝に福岡につくことができます。充実した1泊2日の時間を過ごして、2日目の夜に福岡を出発して翌日の早朝に東京に戻ります。同じ価格でも夜行バスを活用するほうが効率的な時間の使い方ができるのです。新幹線の場合には、格安チケットがありませんので、片道2万円はかかってしまいますし、時間的にも5時間半かかりますので、効率的に時間を活用することはできません。費用対効果を考えた場合、夜行バスには大きなメリットがあります。